作新学院 怪物・江川卓の甲子園・プロ野球ファンの為のブログを目指しています。これぞプロ野球の技!スーパープレーや面白プレーをドンドンアップしていきます。今後の日本人メジャーリーガーの活躍、楽しみですね!


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作新学院 怪物・江川卓の甲子園


スポーツキャスターとして、『スポーツうるぐす』『THE・サンデー』や
ナイター中継の解説をやってるプロ野球OBと言えば?



そう!江川卓です。




彼は高校時代『怪物』と言われていたそうですね。

何故そう呼ばれるのか?


(Wikipediaより)
高めのバックスピンが良くかかった直球と良く曲がるカーブを武器にノーヒットノーラン9回・完全試合2回、春の甲子園における大会通算最多奪三振記録などの数々の記録を残して、「怪物」と呼ばれ日本中の注目を浴びた。特に1973年の第55回夏の甲子園予選栃木県大会において、5試合44回を投げ被安打2、75奪三振という超人的な記録を打ち立てる。

江川の球速は、高校時代にすでにピークを迎えていたとも言われ、当時スピードガンはまだなかったが、150km/hを超えていたのではないかと推定されている。その球威は、本気で投げると捕手が球を捕れなかった、打者がファウルするだけで歓声が沸いた、などの伝説を生んでいる。


今みたいに球速表示されていたらと思うと・・・155㌔超えていたかも~

残念です( ̄ー ̄;)


作新学院 怪物・江川卓の甲子園は ・・・ baseballranking

人気野球ランキングに参加中 ・・・ 人気野球ランキングに参加中しております^^






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。