江夏豊の伝説 ~21球~・プロ野球ファンの為のブログを目指しています。これぞプロ野球の技!スーパープレーや面白プレーをドンドンアップしていきます。今後の日本人メジャーリーガーの活躍、楽しみですね!


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江夏豊の伝説 ~21球~


私が思うに日本プロ野球史上、最高の左腕!江夏豊さん。

彼は本当にスゴイ!!

最高のコントロール♪

切れのある変化球♪

左投手特有のクロスファイヤー

元祖!優勝請負人ですね^^


■江夏 豊■

1948年、大阪生まれ。投手。左投左打。背番号28(阪神)→17(南海)→26(広島・日本ハム)→18(西武)。大阪学院高から1967年、ドラフト1位で阪神に入団。1年目に奪三振王、入団2年目の1968年には401奪三振(1試合平均10・8個)の世界記録を樹立。25勝12敗で最多勝を獲得している。
 1969年には15勝10敗、防御率1.81で最優秀防御率のタイトルを獲得。
 1971年の球宴では9連続奪三振の離れ業を演じている。その後、南海、広島、日本ハム、西武と渡り歩いた。南海では野村監督の勧めでリリーフに転向。リリーフエース専任や全試合ベンチ入りは、野球革命といわれている。1977年に4勝2敗19セーブで初の最優秀救援投手に輝き、引退までに合計5度もこのタイトルを獲得している。
 広島で日本一2度(1979・1980)と日本ハムでリーグ優勝1度(1981)に大きく貢献し、優勝請負人と呼ばれた。
 さらに、最後は大リーグ挑戦を決意し、1985年に西武を辞めて渡米。しかし、最後の最後で大リーグ昇格は叶わず、そのまま引退。
 150キロを超える直球と落差のある二種類のカーブとフォーク、卓越した投球術で三振を奪い、ONと名勝負を繰り広げ、20世紀最高の投手との呼び声も高い。入団後6年連続奪三振王を始め、5球団18年間で積み上げた三振数は2987に上る。
 通算成績(実働18年):206勝158敗193セーブ210セーブポイント。防御率2.49。2987奪三振(歴代5位)。最多勝2回、最優秀防御率1回、最優秀救援投手5回、シーズンMVP2回、沢村賞1回。73年にはノーヒット・ノーランを達成。現在は野球評論家。

伝説の21球は>>>baseballranking

人気野球ランキングに参加中 ・・・ 人気野球ランキングに参加中しております^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。