天才打者★落合博満の2000本安打 ロッテ~中日~読売・プロ野球ファンの為のブログを目指しています。これぞプロ野球の技!スーパープレーや面白プレーをドンドンアップしていきます。今後の日本人メジャーリーガーの活躍、楽しみですね!


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才打者★落合博満の2000本安打 ロッテ~中日~読売


プロ野球史上、最高の4番打者

って言ってもイイかも(;´∀`)
そんなに大きくない体でホームランを量産!
口だけじゃなかったのですね♪


落合博満



伝説の野球人・・・・・baseballranking

人気野球ランキングに参加中 ・・・ 人気野球ランキングに参加中しております^^







■落合博満■

1953年12月、秋田県生まれ。二塁手・三塁手・一塁手。右投右打。背番号6(ロッテ・中日)→60(巨人)→6(巨人)→3(日本ハム)。秋田工高・東洋大学(中退)では無名だったが、社会人野球の東芝府中で活躍し、1979年ドラフト3位でロッテ入団。独特の「神主打法」を生み出し、優勝請負人として4球団(ロッテ→中日→巨人→日本ハム)を渡り歩く。
 1981年に首位打者になると、1982年に打率.325、32本塁打、99打点で最初の三冠王を獲得。28歳での獲得は史上最年少だった。以後、1985年・1986年にも三冠王を獲得。特に1985年は、打率.367、本塁打52本、打点146という驚異的な記録をマーク。1986年にも打率.360、50本塁打、116打点で2年連続50本塁打の偉業を達成する。
 1987年にセリーグの中日に1対4のトレードで移って、日本人選手初の1億円プレーヤー(その後、初の2億円&3億円&4億円プレーヤー)となる。1990年に34本塁打102打点で本塁打と打点の二冠王を獲得。中日で1988年のリーグ優勝、巨人で1994年の日本一・1996年のリーグ優勝に大きく貢献。
 日本ハムで2年目の1998年シーズン終了後、自由契約となり、そのまま引退(45歳)。2004年に中日の監督として指揮を執り、オレ流采配によってチームをリーグ優勝に導いた。そして、2006年にも阪神との激闘を制して2度目のリーグ優勝を果たした。
 実力に裏打ちされた個人主義(「オレ流」という言葉は有名である)と理論で、常に野球界の不条理に立ち向かう姿は、多くの問題を提起した。

 落合の神主打法は、神主がお払いをするかのように構えるときに自然体のまま、バットを横に寝かせてゆったりと待ち、遠心力を最大限に利用したアウトステップの打ち方で外角の球でもいとも簡単に右翼席まで運んでしまう打法である。

通算成績:打率.311(歴代7位)、本塁打510(歴代5位)、打点1564(歴代5位)、安打2371(歴代9位)。首位打者5回、本塁打王5回、打点王5回。三冠王3回(歴代1位)は、不滅の大記録である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。